読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takashiskiのブログ

覚書の殴り書き

Fire TVを映像じゃなくてアプリメイン運用向けにする

Fire TVのホームは、動画再生がメインになっています。これは、適当な動画を見たいときには便利ですが、サードパーティ製の、youtubeやTED、redbullTVなどを見たいときには不便です。

 以前に書いた、バンダイチャンネル運用をしたいときも不便ですね。(気付いたら履歴やアプリ一覧に表示されるようになってましたが。)

takashiski.hatenablog.com

 

ホーム画面を切り替え可能にするアプリ"Firestarter"を見つけたので紹介します。これを導入すると、一部では有名らしいKodiというアプリも簡単に入れられるようになります。

 

導入方法は以下のURLの通りです。

github.com

十分にまとまっているので、私が説明することは何もないのですが、日本語でざっくり補足をします。

Fire TVの設定を変更する

  1. ホーム画面左メニューの一番下「設定」>「システム」>「開発者オプション」を開きます。
  2. まず「ADBデバッグをONにします。そうすると「USBデバッグ」と「不明ソースからのアプリ」の二つが選択できるようになります。
  3. 「不明ソースからのアプリ」をオンにします。USBデバッグはオフのままにしておきましょう。オンにするとUSBデバイスが認識されなくなります。

ESファイルエクスプローラをインストールする

  1. FireTV上で検索をするか、以下からFireTVに配信をします。
  2. 起動後、アップデートするかどうか聞かれると思いますが、別にしなくてもよいです。
ES File Explorer

ES File Explorer

 

 

Firestarterをダウンロード、インストールする

  1. ESファイルエクスプローラを開きます
  2. 左のメニューから お気に入り > 追加 を選択します
  3. ダイアログが出るのでパスにhttp://qr.net/firetv と入力します。名前はなんでもいいですが、分かりやすいようにfireとでも入れて置きましょう。
  4. パスと名前を入力したら"追加"を押します
  5. ダイアログが閉じた後、お気に入りの一番下、おそらくローカルの上にfire(もしくは先ほど入力した名前)の項目ができていることを確認しています。
  6. fireを選択します。
  7. ダウンロードが始まるので待ちます。
  8. ダイアログがでるので、"ファイルを開く"を選びます。
  9. 右側にドロイドくんアイコンの、".apk"で終わるファイルが出現します
  10. そのファイルを選択し、実行し、インストールします。
  11. インストールが終わったら開くを押すと起動できます。

これ以後、Homeボタンを押すことで、Fire TV homeとfirestarterを行き来できるようになります。

おまけ

kodiの入れ方もざっくり書きます。

  1. Firestarter>Updatesを開きます
  2. 右に四つ並んでるボタンの一番下"Update to latest Version"を選択します
  3. ダウンロードがはじまるので終わるまで待ちます
  4. 終わるとKodiをインストールするか聞かれるのでインストールします

インストールが完了すると、以後FireStarterから起動できるようになります。

 

終わりに

以前は不明ソースアプリはホーム画面に表示されなかったので重宝していましたが、いつのまにかトップにバンダイチャンネルプレイヤーが表示されるようになっていたのであまり恩恵を感じていません。ひょっとしてFireStarterをいれたから表示されるようになったのでしょうか?誰か教えていただけると嬉しいです。

とはいえ、redbullTVやTEDをみることがあるので、そういうときは起動しやすくて便利です。

また、kodiを入れると、ISOなども見れるようになるそうなので、NASやメディアサーバーを持っている人は導入してみてもようのではないでしょうか。

楽しいFireTVライフを送りましょう。

 

Fire TV Stick

Fire TV Stick

 

 

 

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV