takashiskiのブログ

覚書の殴り書き

エイブル管理物件の無料インターネット"エイブルネット"の覚書

簡単に

  • 無料(初期事務手数料がないとはいってない)
  • 直接アクセスするデバイス全部ログイン要求される
  • 私のとこの回線品質は今のところそんなにひどくない(初日、二日目の土日の暫定計測)。よいADSLくらいの速度はでてる。*1
  • 同居人との間でアカウントを使いまわしたくない状態では、別途ルーターの用意が必須
    • そうでないと家族全員にアカウントを教えるか、自分が代わりにログインする必要がある
  • 以下のデバイスを持っている場合は事実上ルーター必須。
    • お掃除ロボット
    • amazon echoやgoogle home
    • ゲーム機
    • その他認証ページにリダイレクトまたはブラウザ上での認証ができないデバイスすべて

日曜25時前の計測。昼間はもっと出てた。

わかったこと

料金

  • 月額利用料は無料だけど、最初にアカウント作成、そのあとに3000+税の初回事務手数料が利用開始時に請求される
  • 事務手数料払わなくてもしばらくは使えるらしい。ただし、定期的に切断されるらしい?

Macアドレス登録制

  • 最初に接続したときに、ログインをするよう指示される
  • 過去にエイブルネットのアカウントでログインしたことがある端末ではログイン不要
  • 接続時にブラウザを開けないデバイスはWiFi・有線ともに直接接続できない

直接接続できない機器の選択肢

  • ルーターを接続し、ルーター経由で利用する
    • 最初にルーター経由でスマートフォンやPCなどで接続・ログインをすれば、ほかの機器も使える
    • ルーターのMACアドレスが登録される
  • サポートの電話番号に問い合わせてMacアドレスを登録する
    • 入居時に渡される紙に書かれている

もうちょっと詳しく

事前調査した中で出てきた以下の記事には「Macアドレス調べて、エイブルネットに連絡して登録してもらえ」と書かれています。

しかし、「別途用意したルータ経由なら必要ない」ということをエイブルネットに問い合わせて確認しました。

登録の連絡が必要なのは、ゲーム機などブラウザが立ち上がらない、エイブルネットにログインができない機器をどうしても直接接続しないといけない場合だけです。

www.akakagemaru.info

買ってはいけないルーター

  • 古いルーターはやめてください
    • 10年前のやつとか
    • 無線規格が古いものにしか対応してなくて、元の回線速度が600Mbpsなどどんなに早くても、上限速度が50Mbpsになります
    • 11n/g/bしか対応してないようなやつはNG
    • 例えば以下は絶対買っちゃダメ

  • 対応OSにWindows10が入ってないやつは古すぎて論外
  • TP-LinkはMACアドレスの問題など別の問題があるので、やめといたほうがよさそう

買うべきルーター

  • WiFi6とか11ax, 11acとか書いてあるやつ買っておけばいいと思います

全然別の話

自前でルータ用意して引っ越し先にも引き継ぐと、スマートホーム関連デバイスが大体順番に電源いれていくだけでよくてWiFiの再設定いらないので非常に便利です。地域設定とか、配置転換したものは設定修正が必要です。

*1:過去に私が契約した回線の中で一番ひどすぎたので判定が甘い可能性はある