takashiskiのブログ

覚書の殴り書き

芳文社セールで買えるお勧め漫画

セール自体は総数500タイトル前後で、リスト見ていく中でお勧めしたい作品がいくらかあったので適当に紹介します。

全巻割引ではなく最初の数巻だけ割引のやつもありますが、特に区別なく紹介します。

系統的には、非きらら系が多い気がします。

棺担ぎのクロ

有名すぎるので省略

シリーズ後の追憶旅話もセール対象です。

GA芸術科アートデザインクラス

有名すぎるので省略

小森さんは断れない!

アニメ化したのでこれも有名枠? 断れない小森さんを中心としたラブコメ

ステラのまほう

これも有名枠な気がします。 高校部活漫画(ゲーム制作)

まどろみバーメイド

これも割と有名。 一応ドラマ化もしてるらしい。 たびたびkindle unlimitedにはいってて、面白かったので続刊まで全部買って読んでる。最近最新刊がでた。 屋台でバーをやるぼーっとした主人公と、その友人の二人のバーテンダーを中心として色々やっていくお話。

月曜日の空飛ぶオレンジ。

ゆるキャン△で超有名になったあfろまんがタイムきららミラクで連載してたわけわかんない漫画。 魔法少女ほむら☆たむらなんてのもあったのであんな普通の話もかけるんだ...って思った。 高校生活ものだけどわけわからなくて好き。ツカぽんかわいい。

ななかさんの印税生活入門

謎の鉄道漫画のてるみなとか信じて魔法少女やってたのに最終回の撮影で初めてテレビ番組だと説明されて黒歴史扱いにして忘れようとしたばかりなのに2期決定したからまたやってくれといわれるところからはじまる魔法少女漫画のゆせそまとか書いてたkashmir先生の漫画。

両親ともに物書きの少女が、なんとかして親より稼いで二人の前でフライドチキンをばりばり食べるべく、うける小説を書くために色々やるまんが。漫画絵描いたことがない百合好き美術部員とか個性的な面々がでてくる。

基本的に小説家になろう的な小説投稿サイトにラノベ系の作品あげて注目受けて出版!みたいなことを目指して動くので、ラノベのテンプレ話やメタい話が女子高生の間で繰り広げられる。

ぼっち・ざ・ろっく!

局所的に有名枠。とにかくツイッター受けする絵が多すぎる。

自己肯定感が低すぎる主人公が七転八倒しながら社交性を辛うじて獲得していく感じの話。

めっちゃストイックに練習してるけど挙動不審で自分から声かけれなくてバンド組めなくて文化祭出れなかった中学校生活があったので高校では頑張ろう的なことを考えたものの空回りしてこのままダメなままかと思いきや、たまたま声かけてきた人がいたのでそれをきっかけにバンドが組めてライブハウスでライブできて...みたいな感じで話が進んでいく。基本的に出てくる人間はどこかしらやばい。

自己肯定感の低さからやばい発言がぽんぽんでてきて大体それがツイッターではとてもうける。

うのはな3姉妹

朝ドラ枠。豆腐屋の三姉妹の日常話。 とても水谷フーカ先生らしい感じで好き。

良いと思った人はほかの水谷フーカ先生の本も読んでみて欲しい。

まんがの装丁屋さん

タイトルのまま、漫画の装丁を生業とする会社の話。主人公の入社経緯が第一話なのだけど大体これがすべて。 装丁の話とコミカルな人間関係が書かれていく感じ。

この本のおかげで装丁を気にするようになりました。 どこが装丁を担当したかは漫画であれば必ず書いてあるので探して見てください。奥付だったりカバーだったり。

きしとおひめさま

これもたしかまんがタイムきららミラクで連載してた。 ちょこちょこギャグがはいるファンタジー。シリアスシーンでもちょこちょこコミカルな描写が入る。 ぽやぽやした主人公とかわいい感じの絵柄だけど裏にしっかりしたファンタジー設定がある雰囲気で好きだった。

コアラって水飲まなくても生きられるらしい。

きしとおひめさま (1) (まんがタイムKRコミックス)

きしとおひめさま (1) (まんがタイムKRコミックス)

  • 作者:パイン
  • 発売日: 2012/11/27
  • メディア: コミック

図書館の主

イチオシ。大好き。

私設の児童書専門の図書館とそこで働く主人公(キノコ)と、酔っぱらって図書館に入り込んだいろいろあって日々の生活が破壊されている男を中心に話が展開される。

基本的には登場人物が児童書を通して自分や自分の周りの関係を見つめなおす、みたいな話が繰り返される。 それと合わせて、主人公の優秀さと、何故主人公が児童書専門の図書館にいるのか、そもそもなんで私設の図書館、しかも児童書専門があるのか、が明かされていく。

茶柱倶楽部

おすすめ。

茶園の娘が主人公。移動茶屋で色々な人とお茶を飲む話。だいたいは茶で悩みを解決するという流れが多い。

移動茶屋の目的としては人探しと茶を普段飲まない人への普及で、日本中回りながら日本中の茶を紹介していく話になる。 色々な茶の入れ方や、日本中の色々な茶が紹介されているのでそれだけでもおもしろい。

それにしても、たしかにおいしい茶をお金出して飲んだり飲み比べたりできるお店って本当にないですね。

茶柱倶楽部 1巻 (芳文社コミックス)

茶柱倶楽部 1巻 (芳文社コミックス)

孔明のヨメ。

孔明のヨメと孔明が(戦乱の中)イチャイチャしてる漫画。

話自体は、あとで孔明の嫁になる黄月英(童顔)が家柄目当てで求婚してくる人間ばかりだから追い返し続けているところから始まる。 婚期を逃すことを恐れた父が、たまたま釣り場であった青年(孔明)を気にいって結婚を決めてしまい、絶対に裏があると疑った月英がこっそり孔明の様子を見に行ってすれ違い続けて色々勘違いして追い返すことを決め、鬼の面をかぶって顔合わせの場に挑んだ。顔合わせた時点で月英孔明だと思っていた顔が出てこなくて自分の勘違いに気づき、一方孔明は動じず冷静に状況をみて、月英は結婚を望んでいない可能性があることを察する。お互い積極的な結婚ではないけれど、相手が思ってたよりも悪くないどころかよさそう、というところからラブコメがはじまるかんじ。

基本的に史実に忠実にかかれているよう。

最新刊らへんだと曹操と間接的にやりあってる。

天国のススメ!

晴れのちシンデレラの宮成樂の作品。 おばけが見えて、色々好かれる主人公の日常を描く話。死んだ祖母がレギュラーメンバー

晴れのちシンデレラ読んでたらわかると思いますが、基本的に登場人物は誰も彼も前向きで、誰も不幸にならないような話ばかりです。 何かしらの事件が起きてそれを解決しておしまい、という感じなのでそういう話が苦手でなければ読んでて不快になることはないのではないかと思います。

靴理人

しゅーりにんと読みます。靴の修理屋の話です。 正確ではなくて、小説家志望の主人公が、小説のネタを探すべく副業で靴の修理をしているというものです。劇的なネタが持ち込まれる期待をして10円(一日一人限り)。

靴から情報を読み取る力と、読み取った情報からよりよい状態に修理する技術がすさまじいので、どう考えても靴で食べていったほうがいいと思うのですが主人公の夢は直木賞作家なのでしょうがないですね、という感じ。

基本的には持ち込まれた靴と、持ち込んだ人の背景が描かれて、修理の際にどこに問題があったのか、どう改善したのか、履いたみた感想が描かれて、問題が解決したり、問題が改善に進むような描写がされて終わる流れが続きます。

どこまで根拠があるかはわからないですが、靴のメンテナンスや靴と姿勢の話などが書かれていてそちらも面白いです。 個人的には、シャンクの話とシューキーパーの話、あと最終話が好きです。

きっと愛され女子になる!

瀬戸口みづきの作品。瀬戸口みづき先生のノリは割と好みなのか気づいたら本棚にいくらかありました。

この作品は料理は上手だけど愛想が壊滅的な惣菜屋の女性と、愛想抜群だけど料理が壊滅的なキャバクラ勤務の女性が打算で手を組んでお互いから何かを学ぼうとする作品です。

料理上手のほうは自己評価が壊滅的、愛想抜群のほうは自己評価高くて惚れっぽい恋のヘビー級王者です。 愛を求めるコメディだからラブコメでいいんですかねー。

いぬにほん印刷製版部

本に関わる作品がなかなかの割合で含まれていましたが製本の漫画もあります。 DTP志望ではいったのに人手不足を理由に製版部にぶち込まれた紙のにおいでトリップする女性が主人公です。

基本的にはブラックさ前面にでたコメディなので、製版に関わったことがある人間は辛い気持ちになるのかもしれません。 同人誌のいわゆる極道入稿は本当に最悪な行為なのだな、ということがわかりました。

瀬野反人先生はほかにも「脳に食べないほうのみそはいってるの?」というタイトルにしか見えないポイズンガールなんかも書いてます。あとはおばあちゃんとゲームとか。 また、最初同じ人がかいてると認識できなかった、現在連載中のヘテロゲニアリンギスティコ~異種族言語学入門~は言語というよりは文化自体を体当たりで学ぶ異世界よりのファンタジーで超おすすめなので読んでみてください。ススキはかわいい。ススキはやくにたつ。

web-ace.jp

オトメシュラン

女装してるわけでもないのにただのイケメンにしかみえない料理長がたぶん主人公。 基本的に料理長が女性扱いされなくて何か起きるみたいなことの繰り返しです。 コメディとしてぼちぼち楽しめるんじゃないかと思います。

作者の王嶋環ごほうびおひとり鮨で知りました。 10年以上付き合っていた男性から一方的に振られてしまった31歳の女性が同僚に「結婚資金として貯めていたお金を自由に贅沢に使えるんです!」とそそのかれ、別の同僚に贅沢を聞いたところ「鮨」と即答され言ってみたかった鮨屋に行ったところドはまりして鮨に散財し続ける漫画です。食べるごとに実況してしまう主人公なので何もかも食べて見たくなります。 登場するのは東京都内の鮨屋で、取材に基づいて書かれているので、鮨が気になってた人にはよいのではないでしょうか。 余談ですが、私もいくつか行動範囲内の店がおいしそうで行ってみたかったですが、前職の給与が非常に安くて貯金どころか本質的には赤字だったので飛び込む勇気がありませんでした。

たよスポ!

オトメシュランと同じ王嶋環。 豹柄モチーフの野球球団の猛烈なファンが、番記者を目指して新聞社に入社するスポーツ漫画です。 もっているバカが成功を勝ち取ってくる感じはチャンネルはそのままに近いでしょうか。 こっちはスポーツ新聞が舞台なので、記事がなかなか採用されなかったり、書きたい記事を書けなかったりといろいろ辛いところが最初にでてきます。 が、持ち前の前向きさでいい感じに回っていくので単なるコメディ的にも読めてしまいます。

好みで言うとオトメシュランよりこっちのほうが好き。

Ratropolisメモ

WIP

Ratropolisについて

steamで早期アクセス(20200705現在)のデッキ構築型ワンラインディフェンスゲーム。

store.steampowered.com

デッキ構築型だけど進行はリアルタイムなので忙しい。

wave制で、通常モードではwave30を耐え抜けばクリア。

プレイの仕方によるけれど基本的に30分前後でwave30まで終わるので軽め。

定石

共通の最初

  • wave1は民兵隊一人で耐えられる
  • wave1が始まるまで、陶工と穀物とチーズで金を得てリロールすることをひたすら繰り返す
  • 家は手持ちの金が110超えたら建ててもよい(チーズ使用の40G+リロールの20G+家の50G)
  • 穀物は目いっぱいの4系統立てる
  • 民兵隊は次waveのおしらせがでたらwaveがはじまるまでに配置すればよい
  • wave2の前に商人がくるのでそこで準備をする
  • プレイヤーキャラクター固有のカードはwave1時点では赤字発動になるものもあるので収支を確認して使うかどうか決めること

基本戦略

十分な人口を得ることが基本

  • 数で殴るのが基本
  • 労働カードは人口が余ってないと使えない
  • 戦闘報酬では家があれば迷わず家でよいくらい
    • 戦闘報酬だけは選びなおしができるので、カード追加で選択肢を見てから家を選ぶことができる
  • 中ボスなどで、建物を破壊する敵がでてくる
  • 建物だけで人口を支えていて兵力が微妙だと、建物を破壊された時に人口が激減して兵隊が雇えなくて辛いことになるので注意

指導者レベルはキャラクターによる

  • 基本的には人口が十分に増えてから選択するほうが安定する印象

金策

  • 入手金額が固定出ないカードを組み合わせて大きい金額を得ることを狙う
  • +系は加算のみだが、n倍系はnn...になっていくのでより狙うべき
    • 税金引き上げ+徴収、懸賞金かり
  • チーズマーケットでチーズ3枚+手元1枚以上で120+90+60-40*3=150保証が確実性強かったが下方修正された
    • LV2になるとえげつなかった
  • 戦闘の褒賞金(敵を1体倒すごとに得られるお金)がでかい
    • かり・製革所が早めに手に入っているとよい

デッキの枚数は常に把握する

  • 具体的には、「あのカードは何ドロー以内に必ず出てくるか」
    • 10枚だと2ドロー以内だが、11枚だと3ドロー以内になってしまう
  • 修道院(任意のカードを捨てる)が建てられていない場合、建物カード以外は安易にとるべきではない
    • 建物カードは一部を除いて立てて損をすることはなく、立てればデッキから除外できる

建物

  • いちばは最優先で手に入れたい
    • 分散を抑えるため
    • カード獲得の機会を増やせば糞カードしか出なくて死ぬ可能性を減らせる
    • 切り札が手に入るまで立て続けてもいいくらい
  • 兵営、修道院は早めに手に入れておきたい
    • 兵営は軍事カードの攻撃力と体力を固定数値増加させられる
      • 手数が多いけど一発で死ぬ警備兵が最強になる
    • 修道院は任意のカードを捨てられる
      • いらなくなったカードを2waveに1回程度除外して回転をよくできる
  • 鍛冶屋があれば意外なカードも化ける
    • 任意のカードを強化できる
    • 集合はLV2になると拠点から手札への回収・再配置の副作用である体力回復以外に+1/+2(攻撃力/体力)がつく
    • 軍事カードは能力自体の強化はないっぽいので兵営で数値増強したほうが配置コストが安くてよいと思う
  • 攻撃系の建物はいまいち
    • 手動が多い+範囲が狭い
      • アクションなので構ってられない
    • 雀の巣と警戒所はぼちぼち
    • 序盤は警戒所と、防衛線に攻撃させないための民兵若干をおいておくことで片側を無視できることがある
    • 警戒所に作業を2枚あてて4倍速にするとおもしろい

軍事

  • とりあえず盗賊以外の後衛配置でない軍事カードを手に入れて民兵隊を捨てる
  • 基本的に強さはレアリティまま
  • ヒルライダー強いけど、その分ぼこぼこにされるので回復ソースがないと金が無限に溶ける
  • 後衛1種類前衛1種類(+医療兵)が良さげ。旗兵がん積みも強いといえば強い
  • 後半超火力で前衛削られるので、前衛の体力多め+医療兵にするか、火力がある後衛大量においてサーチアンドデストロイするかしないといけない

知っておくといいこと

  • wave固定のイベント
  • 条件固定のイベント
  • 金策

「大学生協PCはぼったくり」という話の人は話半分できくといいよという話

大学生協PCは価格相応か否か」という話題は、毎年春が近づくと盛り上がります。 今回は別件で大学生のPCを引き合いに出すことがあって思い出したので、言いたいことだけまとめます。

なお、私は大学生協の回し者などではなく、「大学生協がぼったくり?嘘だろどうみたらそんな考え方できるの?激安では?」みたいな考えを持っているだけの1労働者です。

大学生協PCは高いのか安いのか

結論から言うと、高いと言っている人は本当に高いと思って言っているし、安い/価値相応だと言っている人は本当にその価値だと思っています。 わけがわからないですね。もうちょっと具体的な話をします。

私の結論は、「生協PCが高いのか安いのか判断つかないけど、とても安いとは言えない金額だしぼったくりと言っている人もいるからほかのやつのほうがいいのかもしれないけどよくわからない」というようなことを考えた人は迷いなく大学生協PCを買うべきです。何故ならば、大学生協PCはそのような人に最大限の利益を与えるために設定された仕組みだからです。

逆に、以下のことの大半を満たす人であればとても高く感じるでしょう。

  • 今現在ノートPCを所持している
  • ノートPCの持ち運びを頻繁にすることに慣れている
  • 今現在所持しているノートPCの性能がある作業をするときにどの程度の水準なのか把握している
  • ノートPCの部品交換が自分でできる
  • ノートPCを短いサイクルで買い替えている
  • ノートPCが壊れた場合に代わりに使えるPCを持っている、もしくはすぐに購入することに躊躇いがない
  • ノートPCが壊れた場合にどうしたらいいか自分で判断できる
  • ノートPCを選択する際に、現在の自分の目的ではどのPCを選べばよいか判断できる
  • 気づいたらノートPCが増えている
  • 気づいたらノートPC部品が増えている

前提条件に応じて、価格の感じ方が全く違うのです。

大前提

この議論に関しては、基本的に悪意を持って動いている人間はいません。生協PCが高いと言っている人も生協PCを規格・販売している人も100%善意で勧めています。

例外として存在するのは、「大学生協PCは高い!生協PCと同スペックのPCはこれくらいの値段で買える!このPCがおすすめ!」というように、特定のPCが買いたくなるように話を誘導しているアフィリエイト収入を目的とした記事を書く人です。このような記事は、価格の評価をPCの性能だけで評価しています。「私は元PCの販売をしていて大学生協に納入していたこともある」みたいな書き出して色々書いてあったとしても、現在はアフィリエイトで利益を出したいだけなので不都合なことは書きません。

大学生協PCと同性能帯のPCの価格

厳密には、大学生協推奨パソコンなどという名称で販売されていることが多いと思います。 各大学の各学部の人間が集まって、自分の学部学科で実施する講義では何がどの程度必要なのかを議論して決めているようです。 大学ごとに文化が違いますので、大学ごとに基本的に異なるPCが採用されています。

ざっとみているかぎりだと、生協PCと同ブランドのPCでほぼ同構成のものを買おうとすると数万円、おそらく5万円程度は安く買えます。 新興ブランドだと価格をさらに下げてきますので、下手すると10万近く差が開く場合があります。ただし、ぱっとみてわかる性能以外のところを犠牲にしている場合がありますのでご注意ください。

ここで、アフィリエイトブログだとかたぶん人に言われた仕事しかやったことない人は「5万円も利益を載せている!ぼったくりだ!」と叫びます。 落ち着いてください。もうちょっと見ていきましょう。

ここがやばいよ生協PC

前の項で説明をした価格差は何かというと、保険とサポート費用です。

このサービスは、現在はQG-careという名前のようです。以下は2019年のもののURLです。

https://newlife.u-coop.or.jp/yamagata/standby/pc/pdf/QG-Care.pdf

勘のいいひとは、一読するだけで頭がおかしいことがわかるでしょう。

「たったの」数万円でこのサポートが4年間も受けられるのです。

どれぐらい頭がおかしいかというと、典型的な事例として紹介されているものとして以下の二つがあります。

  • シャーペンをPC上に開いたままPCを閉じて液晶を割ってしまった
  • PCに水をこぼした

これらが、大学内の生協窓口へいって5000円を払うだけで修理をしてもらえるのです。しかも、その間の代替機を貸してもらえます。

ぴんとこないでしょうか? 同等のことを、生協PC以外で行った場合のことを考えましょう。 基本的には購入元に問い合わせます。家電量販店であれば持ち込みができますし、オンライン通販であればサポートへの電話問い合わせでしょう。 状態を説明して、送り返して、状態調査ののちに状態報告とともに修理の見積もりが届くでしょう。 今回の事例のシャーペンはさみも水こぼしも利用者の過失ですので、実費請求になると思います。 そこで修理をするという契約をして初めて修理することになります。1週間で済めばいいですが、2週間くらいかかってもおかしくありません。 かかる費用もいくらでしょうか。下手したら+数万円でもう一台買えてしまう金額かもしれません。 さらに、その間あなたの手元に動作するノートPCはない状態になります。 ノートPCを使わない講義はでれますが、ノートPCを使う講義はすべて何もできなくなります。 レポート作成などもPCは使えません。幸い今はスマートフォンをほとんどの人が持っているので、ある程度のことはスマートフォンでできなくもないのでしょうか。

どうでしょうか。ぴんときましたか? 「私はそんなことはしない!」という人もいるでしょう。 破損の危険は不注意による事故だけではないのです。

大学生活ではノートPCを毎日持ち運ばないといけません。 流石に置き忘れはサポート外ですが、落としたりぶつけたりということは対象になっています。 電車通学の場合は、超満員の電車で通学しないといけない人もいると思います。このとき人の圧は、路線によっては耐久性に優れているといわれているpanasonicLet’s noteの液晶ですら割ってしまうという話すらあります。 ノートPCを精密機器だと理解して、自分では細心の注意を払って取り扱ったとしても、周りは精密機器を持っているとは知らないし配慮してくれないので持ち運び中は常に破損のリスクが付き纏います。

知っている範囲で信じられない事例としては、「ノートPCを裸で自転車のかごに入れて走行し、液晶を割ってしまった」という事例がありました。小学生ではなく、大学生です。生協PCだったので前述の対応で修理してもらえました。

つまり、大学生協は4年でたったの数万円で、破損のリスクがとても高い状態のノートPCを常に使える状態にして円滑に大学で学べるような環境の整備をしているのです。

また、大学生協では講習会をやっています。今までPCを触ったことがないような人でも、最低限レポートが書けるような状態にもっていくための講習などです。

最後に、やはり複数人が同じものを持っているということは大きいです。同じ機器を持っている人間同士で相談しあうこともできますし、教員や生協職員にこういうことがしたいんだけどできないという相談をする場合、自分は初めてのことでも相手は同じ質問を複数の人間からされていてすぐに「ああ、あれね。こうすればいいよ」と教えてもらえるかもしれません。

そうそう、一つ忘れていました。大学生協は、4年間戦えるような性能を設定している、とはいっているものの、4年も使うとバッテリーもへたってくるし、性能的にも見劣りするものになります。残念ながらバッテリーのへたりは保証対象外です。 なんと、大学生協PCは修理を断って修理費用の代わりに再購入補助を受けることができるのです。 なので、大学生活後半で壊れた際は新しいPCをちょっと安く買うことができます。

その他、大学によるのかもしれませんが、充電器を忘れた場合に充電器を貸してくれることがあるようです。

大学生協PCが高いと思う人はどんな人か

  • たまたま4年間一度も破損しなかった人
  • 性能が高いPCが必要な趣味を持っていて、快適な作業環境の基準が高めなのでノートPCもある程度の性能がないと不満がある人
  • 趣味でノートPCを頻繁に買う人

基本的にどのケースもあまりいません。そして破損のリスクが軽減されるわけでもありません。むしろ破損した場合の修理費用は高くなるでしょう。

大学生協推奨パソコンは、常に破損の機器に晒されるPC自体には対して興味がない大学生のノートPCを常に講義が受けられる状態に保つための仕組みです。あんな金額で絶対やりたくない

「ノートPC、どれを買ったらいいかわからない」という人は迷わず大学生協PCを買うべきです。

逆にPCが大好きで隙あらば性能を向上させようとする人には不要です。持ち運びにはPCケースを使って注意をしてください。

freeroutingをコマンドラインから実行する

ただのメモなのでほかの人の環境で動くかどうかは知らないです。

コマンドラインからの実行

freeroutingはコマンドラインから実行できます。 適当にパスを通した上で適当な箇所で以下のように実行できます。

freerouting -de your.dsn -do your.ses -dr your.rules -mp number_of_pass_you_want_to_perform

これを例えばps1ファイルとして置いておくことで、powershellから呼べばファイル選択からファイル保存までやってくれます。

ただし、配線が完了したかによらずに、mpで指定した回数で打ち切られます。 つまり、配線しそこなった状態でsesが出力されることもあります。 必ず未配線チェックをしたうえで、部品配置やルール、重要な配線の引き方を見直してください。

参考

github.com

aliexpressの注文一覧から追跡番号を抽出して17TrackのURLを生成するユーザスクリプトを組んだ

tampermonkeyでやりました。とりあえずの記録残しです。

  • ゴール
  • 方針
  • 追跡番号が埋め込まれているところを探す
  • 追跡番号を得るほかの方法を考える
  • 別のURLを呼び出す
  • 非同期との戦い
  • 辛かったこと
  • ちょっとがんばったとこ
  • 課題
  • この記事を読む人が欲しいもの
続きを読む

伝達・継承の間に経緯が落ちるの例

どこでみたのか全く思い出せないけど覚えているネタを書き出す。 ある行為の本来の理由を勝手に補完して重要なものとして伝えていってしまう例。

本文

母から教わった魚のパイか何か(忘れた)のレシピで、頭としっぽを落とすという工程があった。 なんでこれをするのかわからなかったので母に聞いたら母はこう答えた。

「祖母からそう教わったからそうしている。 どうしてかは聞いていないけど味が染みやすいとかそういう理由があるのだと思う。 祖母は必ず頭としっぽを落としていた」

二人で祖母に尋ねたら祖母はこう答えた。 「当時使っていた鍋に入らなかったから落としていただけ。今の鍋には入るからここ何年かは落としてないよ」

お水さしすせそに続く「たちつてと」「はひふへほ」

本当に適当かはともかく、ネタとして面白かったのでメモ。

さしすせそ

  • さすが!
  • 知らなかった!
  • すごい!
  • センスいい!
  • そうなんだ

たちつてと

  • 例えば?
  • 違いは?
  • つまり?
  • 定義は?
  • 統計的な裏付けは?

はひふへほ

  • 凡例を述べよ
  • 標準偏差は?
  • 不確定要素は?
  • 平均偏差は?
  • 他に意見はございませんか?